【米油とサラダ油の違い】混ぜるのOK?使い方についても解説

米油とサラダ油サムネ

毎日食卓に欠かせない油。さまざまな油がありますよね。
健康に良い油や太る油などがあり、よく分からない人もいるかもしれません。

そこで、今話題となっている米油と、一般的によく使われているサラダ油の違いについて調べてみました。

ぜひご覧ください。

米油とサラダ油の違い

揚げ物が好きなんだけど、最近太ってきてしまった、、、。
揚げ物は食べたいし、、、何かいい方法はないかな?

それだったらいい油があるよ!
米油を使って揚げ物をしたらどうかな!

米油?聞いたことあるけどサラダ油と何が違うの?

簡単に言うとね、米油はサラダ油よりもヘルシーなんだ!
ダイエットしたいけど、揚げ物を食べたいA君にぴったりだよ!

米油とサラダ油の違いは3つあります。

  1. 原材料の違い
  2. 料理に使った後の色や臭いに変化の違い
  3. 揚げ物の出来上がり

原材料の違い

サラダ油は主に国外(カナダやオーストラリア)が原材料のものが多いです。

一方で米油は国産の原材料で作られており、安心して利用することができます。

米油は健康に気をつけている方におすすめの油です。

料理に使った後の色や臭いに変化の違い

米油は植物性のため、油ぎれもよく、カラッと揚がり、油特有のにおいもないので、揚げ物をすると部屋中に油のニオイが立ちこめて気分が悪くなったり食欲がなくなったりする「油酔い」と言われる状態を防ぐことができます。

揚げ物の出来上がり

多くの方はサラダ油を利用して揚げ物を作ると思います。

米油を利用するとカラッと油っぽさが少ない揚げ物を作ることができます。

揚げ物は時間の経過とともに油の酸化が進み、油臭くなり美味しさが失われていってしまいます。

ですが、米油は抗酸化作用があり、長く美味しい状態で利用することができます。

米油とはこんな油

米油ってお米の匂いがするのかな?と想像する方もいるかと思いますが、お米の匂いはしません。

米油は精米をするときに出る米ぬかを精製して作られる油のことです。

米油は普通の油と比べて美容や健康にも良く、使い勝手も良い最高の油と言われています。
油っぽさも少なく、カラッと揚げ物を作ることができるのでヘルシーな食事を目指している人におすすめの油となっています。

詳しくは下記の記事をご覧ください!

サラダ油とはこんな油

サラダ油は、なたね、綿実(めんじつ)、大豆などから作られた油のことです。
実はサラダ油の『サラダ』とは、『サラダにかけて食べるための油』という意味なのです。

加熱しても、そのままかけても使いやすいオールマイティーな油です。

【米油の使い方】サラダ油の代用も可能

このように米油は、普通の油と比べて美容や健康にも良く使い勝手も良い油なので、サラダ油の代用としても優れています。

米油おすすめの使い方

・揚げ物→さっぱりとした仕上がりに!
・ドレッシング→素材の味を邪魔せずに、風味を引き立たせることができる!

そのほかにもお菓子に使ったり、ラーメンのスープにも入れるお店があるそうですよ。

サラダ油と米油のカロリー自体はさほど変わりませんが、健康に気を使うのであれば米油をお勧めします!

米油とサラダ油は混ぜても良い?

米油とサラダ油は混ぜても大丈夫なのかな?

油の種類が違っても、同じ食用油だから混ぜて使っても大丈夫だよ!

ただし、注意すべき油が1つあります!

注意

ココナッツオイルは、他の油と混ぜて揚げ物をすると油がふきこぼれ引火する危険があります。
他の油と混ぜて揚げ物をすることはおやめください。

引用元
https://www.nisshin-oillio.com/customer/faq_detail.html?id=4000028&category=816

まとめ

いかがでしょうか。
普段のサラダ油から米油にすることによって、健康かつ無理な食事制限をすることなく、楽しく美味しい食事を摂ることができます!
サラダ油と米油のカロリー自体はさほど変わりませんが、健康に気を使うのであれば米油をお勧めします!

タイトルとURLをコピーしました